作品リスト

料金について
注文について
小瀬村真美 / Mami Kosemura

1975年神奈川生まれ。小瀬村真美は2005年東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻油画研究領域終了。主な展覧会に個展「四季草花図-春秋ー」(ASK? art space kimura, 2004年)、「Projected Realities: Video Art from East Asia」(2006年、アジアソサエティー美術館、ニューヨーク)、「日本x画展-触発する6人-」(2006年、横浜美術館)がある。

撮影した膨大な枚数のデジタル写真を連続的につなぎ合わせて制作される彼女の作品は、「瞬間」の集積そのものである。時間軸を持つ映像としてわずかに、しかしはっきりと確認できる変化は、そこに映し出されている事物(生物)がただ連続的に存在しているわけではなく、常にその「瞬間」を更新しながらそこに在るという当たり前の事実を提示している。
モチーフはフランシスコ・デ・スルバランの静止画や狩野尚信の障壁画など過去の絵画作品を引用していることも多く、映像化されたそれが強度のある一瞬を積み重ねることで、我々をまた別の世界へと誘う。
(橋本誠 協力:CINRA MAGAZINE)
img
© Mami Kosemura, Courtesy by Yuka Sasahara Gallery

< クリックするとウィンドウが開きます >
image

2001
color, sound
6'15"

movie
image
Episode II

2002
color, sound
7'00"

movie
image
Episode III

2002
color, sound
8'00"

movie
image

2003
color, sound
9'30"

movie
image
氏の肖像

2004
color
インスタレーション:
額縁内に投影
8'00"

movie
image
四季草花図

2004-2006
color, sound
インスタレーション:
襖に投影
5'23"

movie
image

2006
color
インスタレーション:
鏡(長丸)に投影
5'30"

movie
image
呼び水

2006
color, sound
インスタレーション:
雪見障子に投影
8'00"

movie
image
鏡台の女

2006
color
インスタレーション:
鏡台の鏡部分に投影
8'00"
image
Under Water

2007
color
14'35"

戻る

pagetop