作品リスト

料金について
注文について
東野哲史 / Tetsushi Higashino

1976年滋賀県生まれ。現在東京在住。東野哲史のスクラッチ・ビデオは、テレビドラマや日本のテレビアニメのシーンを断片化し、時間軸とは無関係につなぎ合わせたものである。例えば、俳優の叫ぶシーンが限りなく繰り返されるアフター昼、ドラマティックでは、物語性は完全に欠如しており、不条理だけが存在する。それは、消費者の心理を巧みに操るマスメディアと資本主義のストーリー構成を崩すことで、批判を投げかける。「非生産的生産活動」と東野が自身の制作活動を述べるように、彼のビデオ作品はテレビ番組という一過的な快楽であるメディアを用いて、無意味を作り上げる。また同時に、著作権の問題から一般公開が困難な彼の作品は、著作権産業にも疑問を問いかけているようだ。2005年Pepper’s Loft Gallery(銀座)で個展「コレクション・コレクション」開催、その他多数のグループ展に参加、また多くの賞も受賞している。
img
© Tetsushi Higashino

< クリックするとウィンドウが開きます >
image
中学生日記
〜僕の上履きはどこ?〜

1997
color, sound
1'03"
movie
image
発電所

2001
color, sound
1'00"
image
眼鏡の左側の
何かのための装置

2003
color, sound
1'07"
image
リーヴ・ミー・
ア・ローン!
[3 r.p.m. square]

2004
color, sound
1'22"

movie
image
アンビエント

2004
color, sound
1'35"
image
昼、ドラマティック

2006
color, sound
3'30"
image
アフター昼、
ドラマティック

2005
color, sound
5'23"
image
ソファー・アウェイ

2007
color, sound
0'42"

戻る

pagetop